Isamu's Blog『Reboot』

【 雑記ブログ 】

「『頭のゴミ』を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」について #5

苫米地英人著「『頭のゴミ』を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」についての第5回です。

 

過去のものをまだ読んでいない方はこちらからどうぞ。

「『頭のゴミ』を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」について #1 - Isamu's Blog『Reboot』

「『頭のゴミ』を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」について #2 - Isamu's Blog『Reboot』

「『頭のゴミ』を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」について #3 - Isamu's Blog『Reboot』

「『頭のゴミ』を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」について #4 - Isamu's Blog『Reboot』

 

 

それでは、Step.5「『なりたい自分』になるためにまずは『我慢』というゴミを捨てる」です。

 

Step.5-1 我慢は“危険”

やりたい(want to)ではなく、やらねばならない(have to)ことばかりして生きているから、毎日頭の中がモヤモヤする

 

セルフ・エスティーム(self esteem)とは直訳すると「自己尊重」のことで、自分の存在そのものに対する自己評価といった意味である

 

「やらされ感」「強制されている感」というものは、セルフ・エスティームを傷つけ、潜在能力を大きく低下させる

 

 

Step.5-2「やらされ感」がパフォーマンスを下げる

外部からの働きかけによる恐怖がモチベーションになっている場合は、自発的なモチベーション(建設的動機)と区別して、強制的動機と呼ばれる

 

「やらされ感」と「強制的動機」で行動しているとき、私たちは絶対に高いパフォーマンスを上げることはできない

 

ねばならない(have to)は、セルフ・エスティームの観点でも、モチベーションの観点でも、私たちに何一ついい影響を与えない

 

「我慢」は頭のモヤモヤと生産性ダウンの大きな要因の一つである

 

 

Step.5-3 「have to」で組織力もダウンする

「人間は我慢で成長する」と言う人は、自分の我慢だらけの人生のモノサシを強制する人である

 

「我慢してやる代わりに責任は取らない」という考えが“常識”となっている

 

ねばならない(have to)は個人のみならず、組織のパフォーマンスも低下させる

 

 

Step.5-4 やりたくないことをやめる思考実験

思考実験の中で、いちばんやりたくないことをやめてみる

 

 

Step.5-5 我慢しなくても、本当は大丈夫

「やりたくないことを我慢してやる」ということがコンフォート・ゾーンになっていて、「やらなくても大丈夫」ということがスコトーマになって見えていない

 

やりたくないことをやめる思考実験によって、コンフォート・ゾーンがずれて、スコトーマがはずれ、見えなかった可能性が見えてくる

 

 

Step5のポイント

・「やらされ感」は「自分は大したことのない人間」というメッセージを無意識に刷り込むため危険である

 

・強制的動機による行動では、パフォーマンスは絶対に上がらない

 

・思考実験でやりたくないことをやめても、実は大丈夫である

 

・「やりたくないことを我慢してやる」がコンフォート・ゾーンになっているため、「やらなくても大丈夫」がスコトーマに隠れている

 

 

 

以上がStep.5の内容です。

 

我慢して行動しても、パフォーマンスは上がらないことがわかりました。

 

思い切って我慢することをやめることができるはずです。

 

次回はStep.6となります。