体罰について

連日報道される虐待のニュースに心を痛めています。

 

私は親に手を挙げられたことはありません。

 

しかし、学校の先生からビンタをくらったことは2回あります。

 

1つ目は小学校6年生の時の担任、H先生です。

 

私にビートルズを教えてくれた先生でした。

 

その影響で初めて買ったレコードは、友人に貸したまま戻ってきてはいませんがビートルズのベスト盤でした。

 

きっかけは些細な事です。

 

朝礼で校庭にゴミを捨てるなという先生の言葉があり、それにもかかわらずゴミを捨てた事でした。

 

ビンタをくらい、ショックだったのでワンワン泣きました。

 

先生は、修学旅行の時に調子を崩した私に添い寝してくれました。

 

とてもいい先生で今でも尊敬しています。

 

2つ目は、中学生の時に吹奏楽部に入っていたのですが、遅刻してしまったときビンタをくらいました。

 

この音楽の先生もとても良い先生で、思春期の私にとってはショックな出来事でしたが、愛のムチとして捉えています。

 

私にとって恩師とはこの2人の先生です。

 

今では体罰として考えられないかもしれませんが、強烈な印象を受けています。

 

暴力に訴えることはいけないことです。

 

しかし、愛のあるムチは時に必要かもしれません。

 

パワハラだ、セクハラだと窮屈なこのご時世で信念をもって与える愛のムチは、許されないのでしょうか。

 

しかし、怒りに任せての体罰はいけません。

 

喜怒哀楽で、もっともパワーのある怒りという感情。

 

それをコントロール出来なくては大人とは言えません。

 

アンガーマネージメントという方法論もあります。

 

世界を混乱させているのは、間違いなく怒りのパワーです。

 

「NY式ハッピーセラピー」という映画があります。

 

大好きな俳優、ジャック・ニコルソンが主演の映画です。

 

コメディではお馴染みのアダム・サンドラーも出ています。

 

是非一度見てください。

 

怒りを幸せに変える方法がそこには描かれています。

 

怒りをコントロールすること。

 

是非皆さんも実践してください。