減薬について

2018年11月21日に病気(統合失調症)が再発して入院した時、薬を増やされてしまいました。

 

具体的には、定型抗精神病薬のクロルプロマジン(コントミン)とその副作用止めのビペリデン(アキネトン)、睡眠薬のニトラゼパム【一般名、()は商品名】です。

 

コントミンは、今はもう発売していないベゲタミンという睡眠薬(合剤)に含まれていたもので、落ちるように眠る依存性の高い薬でしたがその依存性や乱用の為発売が中止されました。

 

その為印象が良くないので、現在コントミンを極限まで減らしています。

 

はっきり言ってつらいです。

 

定型抗精神病薬と非定型抗精神病薬は、何が違うのかというと非定型の方が比較的新しく、副作用も少ないと言われています。

 

一度脳、体が薬に慣れると抜け出すのに大変苦労します。

 

ビペリデンも減らしましたが、ジスキネジア(口や舌が勝手に動く)も少し出て来ました。

 

苦しいです。

 

脳や体が慣れるまで、経験上2ヶ月くらいはかかるので今は忍耐あるのみです。

 

新薬のレキサルティ(非定型抗精神病薬)のみに早く戻したいです。

 

5年くらい再発していなかったので油断していましたが、薬に出来るだけ頼らないポリシーですので我慢したいと思います。

 

この病気は寛解が難しいので、再発ありきで考えていかなければと思っています。