Isamu's Blog『Reboot』

【 雑記ブログ 】

恐怖について

経験上、2月は1年で一番寒い月だと思います。

 

あちこちで雪が降っているニュースを耳にします。

 

お出かけの際は気を付けてください。

 

さて、先日ゲームの「バイオハザード2」のリメイク、「バイオハザード RE:2」のスタンダード、レオン編、クレア編を攻略サイトなどを見ずにクリアしました。

 

痛いのや、怖いのが嫌いなのですが、ずっと楽しみにしていたゲームでしたのでプレイしました。

 

リメイク前のものもプレイしているのですが、覚えていません。

 

ゲームでは「バイオハザード4」が一番好きなゲームです。

 

「バイオハザード4」は恐怖という概念よりアクション性を重視した良く出来たゲームですが、「バイオハザード RE:2」はよく作りこまれていて、恐怖に回帰した路線です。

 

頑張ってクリアしました。

 

「バイオハザード4」のリメイクを強く希望します。

 

話は変わって、BSでやっていた映画「シャイニング」を録画していたので、観ました。

 

ホラーなので、ずっと避けていた映画です。

 

シャイニング (字幕版)
 

  

私は「カッコーの巣の上で」から、ジャック・ニコルソンのファンなので気にはしていたのですが、「2001年宇宙の旅」のスタンリー・キューブリック監督でしかも原作がスティーブン・キングなので、すごく怖そうで避けて来ました。

 

鑑賞してみると、豹変していく男と家族を見事に描いていました。

 

トラウマになりそうです。

 

先に書いた「バイオハザード4」に、多分この映画からヒントを得た迷路のシーンが出て来ます。

 

恐怖の感情は、嫌ですが人間の脳にある必要な感情です。

 

狩猟時代から戦うのか、逃げるのかを決定する、生きていく為にはないと仕方がない感情と言えます。

 

脳への刺激は強いですが、経験としてごくたまには恐怖を味わうのもいいのかなぁと考えた1日でした。