Isamu's Blog『Reboot』

【 雑記ブログ 】

婚活・出会い系サービスについて

少子化が深刻な問題となる中、対策として待機児童を無くす取り組みなどが政策として挙がっていますが、もっとやるべきなのは未婚率の上昇を食い止めることです。

 

また、結婚のメリットデメリットを考え、事実婚など法的な結婚という形にとらわれたくないという人も増加するでしょう。

 

結婚したいのに出来ない、出会いたいのに出会えない、そういう人は大勢いると思いますし、自分もその一人です。

 

そういった意味で、婚活や出会い系のサービスは国家がプロジェクトとして取り組むべき事案だと考えます。

 

しかし、そう言っていても現在の状況は改善されないので今あるサービスについて取り上げます。

 

最近のサービスはFacebookの連携ログインをするところが多くなっています。

 

これは身元を偽った登録を無くし、サクラなどの排除やトラブルの防止に役立っています。

 

ここからは、実際にいくつかのサービスについて登録・利用しましたので参考にしてください。

 

遊び目的や怪しげなサービスは最初から除外しています。

 

サイトの回し者ではありませんので平等にリンクを貼らせて頂きますが、せっかくなので一部アフィリエイトにしています(with、ペアーズ、キャリ婚)。

 

平成30年10月21日地点での情報です。

 

with(ウィズ)

 最初に課金しました。

 

マッチングの要素もそれなりにあります。

 

「好み」の種類も多く、自分で作成することもできます。

 

ディープラーニングやテキストマイニングによる解析を行っています。

 

様々な診断によるマッチングがあります。

 

機能としては、一番充実しているサービスかと思っています。

 

現在76人ほど「いいね」を送っています。

 

あしあとをつけてくれる人もいますがマッチング成功には至っていません。

 

女性は基本無料なので、有利です。

 

「いいね」を沢山貰いすぎた女性が大勢います。

 

特に長く留まっている女性には注意が必要です。

 

共通点の多い順にソートする機能をつけてほしいところです。

 

6ヶ月課金で月に2300円と高めです。

 

 

Pairs(ペアーズ)

2番目に課金したサービスです。

 

料金も他に比べて安く、登録者も多いのであしあとを付けてくれる人も必然的に多くなります。

 

withでいうところの「好み」が、このサービスでは「コミュニティ」となります。

 

自分でコミュニティを作成することも出来ます。

 

女性は基本無料です。

 

withよりはましですが「いいね」を沢山貰いすぎた女性がいます。

 

現在34人に「いいね」をしていますが、マッチングには至っていません。

 

6ヶ月課金で月に1880円です。

 

 

キャリ婚

女性が課金、男性が無料というサイト。

 

男性が登録するには面接があります。

 

売れ残りのキャリアウーマンが多いと予想されます。

 

真剣な女性、自信のある男性は登録してもいいかもしれません。

 

私は面接がネックで未登録です。

 

 

ゼクシィ縁結び

https://zexy-enmusubi.net/

検索やマッチングが貧弱です。

 

雑誌の影響なのか、女性の有料会員が多いのは好印象ですがコンテンツが古臭く技術力も低い印象です。

 

あしあとさえ見れません。

 

プロフィールのたばこを吸う、吸わないの選択に電子たばこがありません。

 

退会すると3ヶ月は再登録できません。

 

このサイトを利用している地点で、センスのない女性だろうと想像できます。

 

退会済みで課金はしていません。

 

 

omiai

https://fb.omiai-jp.com/

古参の女性ばかりが売れ残っている印象です。

 

退会時にやたら念を押します。

 

すぐ退会する人も多いのでしょう。

 

退会済みで課金はしていません。

 

 

タップル誕生

https://tapple.me/

マッチングの精度が低いです。

 

料金も高い。

 

退会済みで課金はしていません。

 

 

youbride

https://youbride.jp/

検索やマッチングが貧弱でコンテンツも古臭く技術力も低そうです。

 

プロフィールのたばこの選択に、電子たばこがありません。

 

料金も高いです。

 

退会済みで課金はしていません。



tinder

https://tinder.com/

場所、距離の概念が入ってきます。

 

プロフィールも必要最低限です。

 

田舎なのでマッチングしたことはありません。

 

一応登録は残してあります‥‥。

 

 

 

以上、一度システムを組んでしまえば運用コストはそれほどかからないおいしいビジネスモデルですので、参入業者が後を絶ちません。

 

少子化対策、そしていかがわしい業者の参入を防止するためにも、国がなんらかのプロジェクトを立ち上げるべきだと思います。

 

私は2つのサービスに半年分の課金をしてしまいました(トータル25000円程度)ので、様子を見ていきます。

 

共通点を重視していますので、選択した2つのサービスになりました。

 

共通点を疎かにすると幸せにはなれないと思います。

 

結婚した人で、「結婚しなければ良かった」とか「結婚は我慢の連続だ」「結婚は人生の墓場だ」などと言うのを見てきました。

 

私はそうなりたくはありません。

 

しかし、1ヶ月もしないのにほぼ飽きてきています。

 

もっとコンテンツを充実させて飽きさせない工夫をして欲しいものです。

 

出会いがあればいいのですが、無ければお金の無駄遣いです。

 

状況はブログで報告していきたいと思います。

 

興味のある方は参考にしてください。

 

また、m-gramという性格診断のサイトがあります。

 

自分の性格を知るのにとても役立つサイトです。

 

無料で試せるので一度見てみてはいかがでしょうか。

mgram.me

 

以上、共通点でマッチングするシステムは友達探しにも使えるのではないでしょうか。

 

同性でのマッチングやLGBTの方への対応も含め、サービスを運営しているところには検討して頂きたいと思います。

 

結婚や出会いを諦めてしまった方、諦めずにサービスに登録してみませんか。

 

男性はメッセージのやり取りをするためにはお金がかかるのですが、女性は基本的に無料のところが多いですよ。

 

ぜひ出会って子供を産み育て、この国を救おうではありませんか。