森重樹一について

森重樹一といえば、ZIGGYのボーカリストです。

 

日本が世界に誇れるボーカリストだと思います。

 

高校生の頃(1980年代の終わり頃)から大ファンだった私は、当時ライブを観に行きました。

 

最高のライブでした。

 

ドラムの大山氏が投げたスティックが目の前に落ちたので、拾ったことを覚えています。

 

初期メンバーでやっていた頃の作品は素晴らしいです。

 

特に「In With The Times」と「Hot Lips」は、マスターピースと言えるでしょう。

 

ハノイ・ロックス、ニューヨーク・ドールズ、ローリング・ストーンズ、モトリー・クルー、エアロ・スミスなどの影響を受けたキャッチーでメロディアスな楽曲は、色褪せることなく今も光り輝いています。

 

森重樹一、大山正篤、松尾宗仁、戸城憲夫の初期メンバーでの再結成をまた観たいなぁと思っています。

 

さて、森重樹一氏は私と同じくSIONの影響を強く受けています。

 

SIONは飲んだくれであり、また初期は特に鬱気質な歌詞からアルコールに救いを求めた歌も少なくありません。

 

森重氏もアルコール依存症に陥っていたことを最近公表し、講演なども積極的に行っているようです。

 

依存症に陥ると、飲酒量に歯止めが利かなくなります。

 

森重氏は早稲田を出ているくらいですから、頭も良くトーク力も有ります。

 

メディアへの露出も増えて来ました。

 

私はポチポチと少ないアクセスのブログを書くことくらいしか出来ませんが、日本では特に社会的に排除され、嫌われる依存症などの病気の患者に対する偏見を、影響力のある森重氏のような方が変えていってくれることを切に願っています。

 

f:id:futurecre8:20190223172820j:plain