Isamu's Blog『Reboot』

【 雑記ブログ 】

ブライアン・ウィルソンについて

ブライアン・ウィルソンはビーチボーイズの中心メンバーでボーカル・ベースでありコンポーサーです。

 

「フィーリング」と称した短いフレーズの曲をいくつも作り、そのテープを切り貼りして一曲に仕上げるといった手法を用いました。

 

名盤「Pet Sounds」は、ビートルズの「ラバーソウル」に刺激を受けたブライアンがほとんど1人で創り上げたものであり、高い評価を受けています。

 

ジョンレノン、ポールマッカートニーは、この「Pet Sounds」に大いに刺激を受け、「サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブバンド」を作りました。

 

「Pet Sounds」の中の1曲「God Only Knows」は、ポールマッカートニー曰く、「今まで聴いた中で最高の曲」とまで言わしめました。

 

The Beach Boys – God Only Knows


The Beach Boys - God Only Knows (Lyrics via Description) (HQ)

 

日本では、特に山下達郎やコーネリアスこと小山田圭吾に多大な影響を与えています。

 

ブライアンは病気を患い、長年活動を停止していました。

 

その経緯は、『ラブ & マーシー』という映画に描かれています。

 

 

『ラブ & マーシー 終わらないメロディー』予告編


「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」本予告

  

  

支配的な精神科医ユージンにより、妄想型統合失調症だと診断されていました。

 

実際は統合失調感情障害のようです。

 

統合失調感情障害は、統合失調症の症状に、躁、あるいは鬱の症状が混在しており、永続的ではなく寛解しやすいが再発もしやすいという病気です。

 

また、小さい頃に抑圧的な父親から受けた暴力により右耳が難聴です。

 

この映画で、ブライアンが「ライヴより創作をしたい」というところにすごく共感しました。

 

2018年12月にブライアンの自伝の邦訳が発売されます。

 

気になる方はチェックをしてみてください。