ジャズについて

ジャズと聞くと洗練されて洒落た音楽というイメージでしょうか。

 

それとも、難しそうで取っつきにくいといった感じでしょうか。

 

ストレートアヘッドなビバップハードバップ、あるいはモードという種類のジャズは、はテーマと呼ばれる曲の土台を繰り返しています。

 

最初に導入としてテーマの基本のメロディを演奏し、そのあとはインプロヴィゼーション(アドリブ)で演奏します。

 

ビバップハードバップはコード進行に対応してインププロヴィゼーションしますが、モードはコードに対応するスケールを演奏者が自由に選択してインプロヴィゼーションします。

 

各楽器でアドリブを繰り返した後、4バース、8バース、12バースのドラムと他の楽器の掛け合いがあり(無いケースもあります)、テーマに戻り曲が終わります。

 

ジャズのリズムは、基本的に4ビートです。

 

4ビートは、「チーンチキ チーンチキ」という跳ねた感じで2拍4拍にアクセントをおきます。

 

これをオフビート(アフタービート)と呼びます。

 

ロカビリーも4ビートです。

 

この「ノリ」具合のことを「スウィングしている」と言います。

 

4ビートは、ウォーキングのリズムでありランニングのリズムであり、しいてはセックスのリズムだと思っています。

 

だからエキサイティングで元気の出るビートです。

 

この基本さえ押さえて数多く聴きこめば、ジャズという素晴らしい音楽を堪能出来ると思います。

 

楽器の演奏技術としては大変高度なものです。

 

簡単に身に付くものではありません。

 

日々の鍛錬が要求されるシビアで、かつ繊細さも要求されるデリケートな音楽だと言えます。

 

聴くのも演奏するのも夢中になれる音楽ですし、生涯をかけて取り組む音楽です。

 

お薦めのミュージシャンは挙げたらキリがないですが、アルバムを比較的多く持っているのは

 

マイルス・デイビス(特に「マラソン・セッション」の4枚は重要)

 

ハンク・モブレイ(この人の作るテーマは良いものが多い)

 

バド・パウエル(ジャズを聴くきっかけになった人)

 

ジョン・コルトレーン(フリーになっていく後期はあまり持っていません)

 

といったところです。

 

多分、外さないでしょう。

 

興味を持たれた方は是非チェックしてみてください。