マイルス・デイビスのマラソン・セッションについて

ジャズと言えばマイルス・デイビスであり、ジャズを変革していったミュージシャンです。

 

そのマイルスがジャズ専門レーベル、プレステッジからメジャーのレコード会社コロムビアに移籍する為、2日間でレコーディングした4枚のアルバムを通称「マラソン・セッション」といいます。

 

プレステッジとのレコーディング契約があと数枚残っていた為、1956年5月11日、同年10月26日にほとんどがワンテイクでレコーディングされました。

 

ハードバップ期のマイルスなら、この4枚を押さえておきましょう。

 

スタンダードナンバーが多く、ジャズのジャムセッションの練習で「何を聴けば良いか」と言われればこの「マラソン・セッション」と言う方は多いでしょう。

 

メンバーは

 

Miles Davis (tp)

 

John Coltrane (ts)

 

Red Garland (p)

 

Paul Chambers (b)

 

Philly Joe Jones (ds)

 

という最強のメンツです。

 


 

COOKIN' / PRESTEGE 7094

1)My Funny Valentine 2)Blues By Five 3)Airegin

4)Tune Up/When Lights Are Law

 

 

 

 

RELAXIN' / PRESTEGE 7129
1)If I Were a Bell 2)You're My Everything 3)I Could Write a Book

4)Oleo 5)It Could Happen To You 6)Woody'n You

 

 

 

WORKIN' / PRESTIGE 7166

 1) If Never Enterd My MInd 2)Four 3)In Your Own Sweet Way

4)The Theme(take 1) 5)Tran's Blues 6)Ahmad's Blues

7)Half Nelson 8)The Theme(take 2)

 

 

 

STEAMIN' / PRESTEGE 7200
1)Surry With The Fringe On Top 2)Salt Peanuts

3)Something I Dreamed Last Night 4)Diane 5)Well, You Needn't

6)When I Fall In Love

 

 

 

 

RELAXIN'だけはアマゾン・プライムミュージックに入っているようです。

 

是非チェックしてみてください。