Isamu's Blog『Reboot』

【 雑記ブログ 】

量子コンピューターについて

量子コンピューターは従来のコンピューターが0か1かどちらかの値をとるのに対して、0と1を任意に組み合わせた状態を同時にとることが出来ることから、処理能力が飛躍的に向上したコンピューターです。

 

マシンの状態を絶対零度に保たなければならない、誤り率が高い可能性があるなどの問題があり実用化にはまだ時間がかかりそうですが、量子コンピューターの出現により従来の暗号化技術が破られる可能性が出て来ました。

 

ウェブで個人情報やクレジットカード番号の入力をする際に用いられる、URLが「https」で始まるSSLプロトコルで使用される公開鍵暗号RSAは、桁の多い数の素因数分解を解くことが困難なことを安全性の根拠としていますが、量子コンピューターが実現すればこの素因数分解を解いてしまう可能性があるのです。

 

よって、暗号化には数学的により解読の難易度の高い格子問題を取り入れようとしています。

ベクトルの本数(次元)を4桁に増やすことにより、解くことはかなり困難となります。

 

IBMやグーグル、インテルなどが実用化に向けて巨額の投資をして研究開発にしのぎを削っています。

中国もアメリカを超える研究開発を行っていると聞きました。

日本も遅れないようにしてもらいたいと考えています。

 

量子コンピューターとAIが組み合わさった時、とてつもない変革の時が訪れるはずです。

かなりの時間を要するでしょうが、その時が来るまで状況を注視していこうと思います。

 

f:id:futurecre8:20190425235838j:plain