Isamu's Blog『Reboot』

【 雑記ブログ 】

Clockers #10

曲だけでなく歌詞も重要視していた自分は、

 

惚れたはれたのラブソングがイヤだった。

 

歌詞にはパンクのようなメッセージ性や主張、

 

インパクトが欲しかった。

 

売れることを重視していたユウさんとは

 

次第に関係が気まずくなっていった。

 

リッキーさんは、「歌詞はそれほど重要じゃない。」と

 

説いてきたが自分は納得できなかった。

 

協調性に欠けていた自分は、ライブの終わりに

 

皆がステージで踊るのをステージ下から見ていた。

 

「抜けるべきだな。」と思った。

 

コミュ障ぎみの自分は、誤解されやすい。

 

内面はなかなかホットな男だと思っているが、

 

外面は内面が熱い分冷えているのだ。

 

Hot&Coolのパラドックスなのである。