Isamu's Blog『Reboot』

【 雑記ブログ 】

WEECKE FENIX+について

WEECKE FENIX+ レビュー

f:id:futurecre8:20190516171331j:plain

C Vaporで有名なWEECKEから、コンベクションタイプのヴェポライザーFENIXの後継機、FENIX+が発売されました。

手に入れたので、使用感などレビューします。

 

 

特徴

コンベクションタイプのヴェポライザーのエントリー最有力機です。

「ヴェポライザーって何?」という方は、こちらをどうぞ。

www.reboot1.net

 

コンダクションタイプは定番のC Vapor 3.0を使用していて、満足していました。

しかし、「アークローヤル・ワインベリー」というシャグが発売され、コンダクションでは焦げやすいので、このシャグを美味しく吸いたいがためにセミコンベクションタイプのこの機種を購入しました。

 

ヴェポライザーとしては実売価格9,800円と安くはありませんが、うなるほど高くもない、手を出しやすい機種です。

 

C Vapor3.0と同じで、電池交換式でないところだけが唯一の不満点です。

 

使用感

機械のレビューについては他のサイトでたくさん出ているので、私は使用感のみのレビューとさせて頂きます。

 

170度から220度まで温度が調節できますが、とりあえず最低温度の170度でのレビューです。

色で温度を示しているのですが、緑が最低温度、白が最高温度ですのでそれを目安に覚えれば良いかと思います。

f:id:futurecre8:20190516211649j:plain

 

使い始めでチャンバーを汚したくないため、スペーサーを用いています。

スペーサーからのシャグポンは、スルッと出る感じです。

チャンバー直でも問題ないでしょう。

 

コンベクションならDL(ダイレクト・ラング、直接肺に入れる吸い方)で吸っても良いらしいのですが、私はMTL(マウス・トゥ・ラング、いわゆる紙巻きタバコの吸い方)とDLをシャグの温まり具合に応じて、使い分けて吸います。

DLで吸うときは、ゆっくりゆっくり吸うようにしてください。

マニトウ・ゴールド

f:id:futurecre8:20190515031103j:plain

無着香で評価の高い、マニトウ・ゴールドです。

ドローは軽めですが、キックはしっかり出ています。

コンダクションのC Vapor3.0にも負けていません。

さらに風味が増す印象です。

 

大変気に入りました。

アークローヤル・ワインベリー

f:id:futurecre8:20190518155108j:plain

この機種を購入した理由のシャグです。

このシャグの香りは、ロッテのブルーベリーガムのニオイそのものですのでかなり好きな人は多いのではないでしょうか。

話題のシャグです。

 

吸ってみると、C Vapor3.0で後半焦げ付きによるイガイガ感がだいぶ軽減されました。

美味しい。

その一言に尽きます。

スタンレー・ラズベリー

f:id:futurecre8:20190518154659j:plain

ラズベリーのいい香りです。

さらにチョコのニオイも加わっている感じです。

 

吸ってみると、他のスタンレーシリーズと同じく、キックはきつめの印象です。

加湿すれば軽減されると思います。

シャグは、ふんわりとつめた方が良いでしょう。

 

まとめ

以上、届いたばかりなので、この程度の情報です。

 

ドロー調節が無くドローが軽めなので、着香系のフレーバーを楽しむのに適した機種だと思います。

 

今後、他のシャグで試すなどヴェポライザーのページと同じくブラッシュアップしていく予定です。